債務関係/破産管財手続き |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

債務関係/破産管財手続き

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:70代代
相談前

20年以上前に亡くなった夫の負債が1億円以上ありました。

亡くなった当時、子供たちは相続放棄をしましたが、不動産も多数あったため相談者のみ相続をしました。

相続後は、不動産を少しずつ売却しながら返済を続けてきましたが返済が滞り、破産を検討されたいと、ご相談に来られました。

相談後

ご相談の中で、亡くなった夫の遺産の中には、義理の兄弟との共有名義の不動産もあることがわかりました。

破産管財手続を利用し、管財人選任後に、義理の兄弟との共有名義の不動産については持ち分を買い取ってもらい、免責を得る事

ができました。

弁護士からのコメント

債務も財産も多くある場合には、手続きが複雑になってきます。

早めにご相談いただくことで、手続きをスムーズに進める事ができます。

借金でお困りの際は早めに専門家へご相談ください。

納得のいく解決ができるよう、アドバイスさせていただきます。

ご相談の問い合わせはメールでも受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

その他の解決事例

工事の請負代金を支払ってくれない

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご依頼者様は、建設業を営んでおり、相手の方と請負契約を締結後、工事をすべて完了させました。 ところが、相手の方が施工不良を主張して、工事請負代金を全く支払ってくれないとお困りになり、ご相談に来られました。  

債務関係/自宅を競売にかけられた後、ご相談に来られ...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談に来られたの時点で、住宅ローン以外の借り入れもあわせると、3000万円程の借金が残っている状態でした。 ご自宅は、競売にかけられしまった後でした。 借入先のうち、1件の債権者がしつこく返済を迫るようになり、困り果ててご相談に来られました。

債務関係/過払い金が判明し借金を完済できた事例

  • 性別:男性
  • 年代:30代代
お母様との二人暮らしをされておりました。 ご相談者の方が病気になって働けなくなり、収入がお母様のわずかな年金だけになってしまいました。 その後、生活保護を受給するようになりましたが、借金の返済を続けることができなくなり、ご相談に来られました。    

工事代金の未払いについての交渉

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談者様は、個人で設備会社を営んでおられる方です。 リフォーム会社から工事を下請けし、工事を全て完了させたものの、工事完了から一年以上経っても 工事代金の支払いが為されなかったためご相談に来られました。  

労働事件/パワハラ

  • 性別:男性
  • 年代:代
依頼者は、職場でのパワハラが原因で精神疾患を発症し休職されていました。 復職後に再びパワハラの加害者が所属する部署での勤務を命じる配転命令が出されたため、お困りになり、相談に来られました。

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス