労働事件/パワハラ |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

労働事件/パワハラ

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:
相談前

依頼者は、職場でのパワハラが原因で精神疾患を発症し休職されていました。

復職後に再びパワハラの加害者が所属する部署での勤務を命じる配転命令が出されたため、お困りになり、相談に来られました。

相談後

依頼者は勤務の継続を希望していたため、交渉で穏便に解決する方法を検討しましたが、

相手が交渉に応じる姿勢を見せないため、方針を変更し、労働審判を申し立てました。

弁護士からのコメント

精神疾患を理由とする休職後の職場復帰については、症状の再発や新たなトラブル発生の引き金になる可能性があることから

特に慎重な配慮を要するとされていますが、本件では、全くそのような配慮がなされておりませんでした。

この点を中心に主張を行いました。

 

結果的に、裁判所にも勤務先の配慮不足を認めてもらうことができ、当面、別の部署で勤務を継続することで勤務先と合意することができました。

 

勤務先でのトラブルは、当事者間での話し合いで解決するのはなかなか難しいことが多いです。

解雇や懲戒処分以外の場合でも、弁護士が間に入ってトラブルを解決できる事案も多くありますので、お気軽にご相談ください。

 

ご相談のお問い合わせはメールでも受け付けております。

早めに専門家へご相談いただくことで、不安を軽減することができます。

お気軽にお問い合わせください。

その他の解決事例

債務関係/自宅を競売にかけられた後、ご相談に来られ...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談に来られたの時点で、住宅ローン以外の借り入れもあわせると、3000万円程の借金が残っている状態でした。 ご自宅は、競売にかけられしまった後でした。 借入先のうち、1件の債権者がしつこく返済を迫るようになり、困り果ててご相談に来られました。

マンションの未払管理費の回収

  • 性別:男性
  • 年代:代
依頼者はマンションの管理組合です。 何度も督促しているにもかかわらず、マンション管理費を支払わない区分所有者がいるため困っているとして ご相談に来られました。  

交通事故/小学生の交通事故

  • 性別:男性
  • 年代:10代代
ご相談者様の息子様が自転車で車道を横断中に自動車と接触し、頭を強く打ってしまいました。 事故から1年以上が経過した時点でも、頭痛やめまい等の症状が残っていたため、とても心配され、ご相談に来られました。 保護者の方自身もお子様がどの程度の損害を被っておられるのかの判断が難しく、弁護士の意見を聞きたいとのことでした。  

リフォーム工事代金を支払ってもらえない

  • 性別:男性
  • 年代:代
ご依頼者様は工務店を営んでおり、マンションの一室のリフォームを請け負い、工事を完了させました。 その後・・・ 「工事にミスがある。」 「工事業者が床材に傷をつけた。」などと主張され、リフォーム代金を支払ってもらえませんでした。

労働事件/労働者にあたるかどうかが問題となった事件...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご依頼者様は労働審判事件において使用者側にあたる方でした。 労働基準法上の労働者にあたるかどうかが争点になった事案です。  

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス