労働事件/労働者にあたるかどうかが問題となった事件(使用者側) |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

労働事件/労働者にあたるかどうかが問題となった事件(使用者側)

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:50代代
相談前

ご依頼者様は労働審判事件において使用者側にあたる方でした。

労働基準法上の労働者にあたるかどうかが争点になった事案です。

 

相談後

労働者にあたるかどうかについては、業務内容を細かく聞き取り、仕事の具体的な内容について主張と立証を重ねました。

 

最終的には全面的にこちらの主張が認められ、相手方から請求されていた未払い賃金等を支払わないという内容で解決に至りました。

弁護士からのコメント

労働事件において、審判を申立する場合は、スピードが大切です。

開かれる期日の回数が少ない為、申立時点で、主張する必要がある内容について整理をし、まとめた状態で申立をする必要があります。

申立後も裁判所が指定する期日に間に合うように進めるため、通常の訴訟よりも負担が大きくなります。

当事務所では労働審判事件を多数取り扱っておりますので、安心してご相談ください。

「残業代を請求された」

「労働者側から労働審判の申立がされた」

等の問題がございましたら、早めに専門家である弁護士へ相談する事をおすすめします。

ご相談のご予約はメールでも受け付けております。

 

その他の解決事例

工事の請負代金を支払ってくれない

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご依頼者様は、建設業を営んでおり、相手の方と請負契約を締結後、工事をすべて完了させました。 ところが、相手の方が施工不良を主張して、工事請負代金を全く支払ってくれないとお困りになり、ご相談に来られました。  

債務関係/借金のご相談・任意で返済

  • 性別:女性
  • 年代:40代代
お父様から相続したご相談者様名義のご自宅で、お母様と二人で暮らしておられました。 ご相談者様の失業をきっかけに生活費のための借入が増え、借入総額が200万円を超えてしまい、生活も苦しく、返済が滞るようになってしまいました。 返済は難しいものの、ご自宅の価値が借入総額よりも高かったため破産手続きは行えませんでした。 また、ご高齢のお母様の為にも、ご自宅の売却は望んでおられず、今後についてご相談に来られました。

債務関係/自宅を競売にかけられた後、ご相談に来られ...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談に来られたの時点で、住宅ローン以外の借り入れもあわせると、3000万円程の借金が残っている状態でした。 ご自宅は、競売にかけられしまった後でした。 借入先のうち、1件の債権者がしつこく返済を迫るようになり、困り果ててご相談に来られました。

リフォーム工事代金を支払ってもらえない

  • 性別:男性
  • 年代:代
ご依頼者様は工務店を営んでおり、マンションの一室のリフォームを請け負い、工事を完了させました。 その後・・・ 「工事にミスがある。」 「工事業者が床材に傷をつけた。」などと主張され、リフォーム代金を支払ってもらえませんでした。

工事代金の未払いについての交渉

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談者様は、個人で設備会社を営んでおられる方です。 リフォーム会社から工事を下請けし、工事を全て完了させたものの、工事完了から一年以上経っても 工事代金の支払いが為されなかったためご相談に来られました。  

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス