労働事件/懲戒解雇処分 |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

労働事件/懲戒解雇処分

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:40代代
相談前

不正行為を行ったことを理由に懲戒解雇処分を受けましたが、納得がいかないとのことで、ご相談に来られました。

 

 

 

相談後

直ちに労働審判の申立手続きに移り、裁判所にて、懲戒解雇の有効性を争いました。

二重処分に該当することや、処分が不当に重い事、手続瑕疵があること等を主張しました。

 

弁護士からのコメント

労働審判は手続きの進行が早く、申立後から事件の終結までにあまり時間がありません。

その中で、すべての主張及び証拠資料を書面で提出する必要があるので、代理人をつける事をお勧め致します。

今回の案件では、主張の一部が認められ、会社側からは、まとまった解決金を受け取ることができました。

不当解雇、残業代請求等でお困りの際は、お気軽にご相談ください。

その他の解決事例

労働事件/労働者にあたるかどうかが問題となった事件...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご依頼者様は労働審判事件において使用者側にあたる方でした。 労働基準法上の労働者にあたるかどうかが争点になった事案です。  

債務関係/自宅を競売にかけられた後、ご相談に来られ...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談に来られたの時点で、住宅ローン以外の借り入れもあわせると、3000万円程の借金が残っている状態でした。 ご自宅は、競売にかけられしまった後でした。 借入先のうち、1件の債権者がしつこく返済を迫るようになり、困り果ててご相談に来られました。

マンションの未払管理費の回収

  • 性別:男性
  • 年代:代
依頼者はマンションの管理組合です。 何度も督促しているにもかかわらず、マンション管理費を支払わない区分所有者がいるため困っているとして ご相談に来られました。  

工事代金の未払いについての交渉

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談者様は、個人で設備会社を営んでおられる方です。 リフォーム会社から工事を下請けし、工事を全て完了させたものの、工事完了から一年以上経っても 工事代金の支払いが為されなかったためご相談に来られました。  

遺産分割/兄弟間での遺産分割調停事件

  • 性別:男性
  • 年代:60代代
ご依頼者様のお母様がお亡くなりになられ、兄弟間で遺産相続について、話し合いでの合意ができないとのご相談です。

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス