交通事故/異議申立手続きにより、後遺障害等級が上がった事案 |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

交通事故/異議申立手続きにより、後遺障害等級が上がった事案

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:20代代
相談前

交通事故の事案です。

自転車で交差点を通過中に自動車と接触し、膝の靭帯損傷等の傷害を負いました。

事故の手続について、初期の段階から受任いたしました。

相談後

症状固定後、後遺障害等級認定の手続きを行い、後遺障害等級は14級9号と認定されました。

ご本人の症状から考え、異議申し立ての手続へ移行し、別の医師の診断書等を新たに取得し、異議申立を行ったところ、

12級13号と認定されました。

 

これを前提に加害者側の任意保険会社の代理人弁護士との交渉を重ね、当初提示額より、100万円近く増額された内容で合意

することができました。

 

弁護士からのコメント

後遺障害等級認定結果に対する異議申立を効果的に行うには、新たな診断書や意見書の提出が重要です。

 

当事務所では、整形外科の医師にこれらの資料の作成にご協力いただくことが可能です。

自賠責保険金の請求を含む交通事故の交渉についてお困りの方、

認定された後遺障害等級に疑問をお持ちの方、

示談の前に一度弁護士へご相談ください。

ご相談のご予約はメールでも受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

その他の解決事例

債務関係/過払い金が判明し借金を完済できた事例

  • 性別:男性
  • 年代:30代代
お母様との二人暮らしをされておりました。 ご相談者の方が病気になって働けなくなり、収入がお母様のわずかな年金だけになってしまいました。 その後、生活保護を受給するようになりましたが、借金の返済を続けることができなくなり、ご相談に来られました。    

労働事件/懲戒解雇処分

  • 性別:男性
  • 年代:40代代
不正行為を行ったことを理由に懲戒解雇処分を受けましたが、納得がいかないとのことで、ご相談に来られました。      

遺産分割/兄弟間での遺産分割調停事件

  • 性別:男性
  • 年代:60代代
ご依頼者様のお母様がお亡くなりになられ、兄弟間で遺産相続について、話し合いでの合意ができないとのご相談です。

交通事故/小学生の交通事故

  • 性別:男性
  • 年代:10代代
ご相談者様の息子様が自転車で車道を横断中に自動車と接触し、頭を強く打ってしまいました。 事故から1年以上が経過した時点でも、頭痛やめまい等の症状が残っていたため、とても心配され、ご相談に来られました。 保護者の方自身もお子様がどの程度の損害を被っておられるのかの判断が難しく、弁護士の意見を聞きたいとのことでした。  

労働事件/労働者にあたるかどうかが問題となった事件...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご依頼者様は労働審判事件において使用者側にあたる方でした。 労働基準法上の労働者にあたるかどうかが争点になった事案です。  

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス