交通事故/異議申立手続きにより、後遺障害等級が上がった事案 |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

交通事故/異議申立手続きにより、後遺障害等級が上がった事案

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:20代代
相談前

交通事故の事案です。

自転車で交差点を通過中に自動車と接触し、膝の靭帯損傷等の傷害を負いました。

事故の手続について、初期の段階から受任いたしました。

相談後

症状固定後、後遺障害等級認定の手続きを行い、後遺障害等級は14級9号と認定されました。

ご本人の症状から考え、異議申し立ての手続へ移行し、別の医師の診断書等を新たに取得し、異議申立を行ったところ、

12級13号と認定されました。

 

これを前提に加害者側の任意保険会社の代理人弁護士との交渉を重ね、当初提示額より、100万円近く増額された内容で合意

することができました。

 

弁護士からのコメント

後遺障害等級認定結果に対する異議申立を効果的に行うには、新たな診断書や意見書の提出が重要です。

 

当事務所では、整形外科の医師にこれらの資料の作成にご協力いただくことが可能です。

自賠責保険金の請求を含む交通事故の交渉についてお困りの方、

認定された後遺障害等級に疑問をお持ちの方、

示談の前に一度弁護士へご相談ください。

ご相談のご予約はメールでも受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

その他の解決事例

リフォーム工事代金を支払ってもらえない

  • 性別:男性
  • 年代:代
ご依頼者様は工務店を営んでおり、マンションの一室のリフォームを請け負い、工事を完了させました。 その後・・・ 「工事にミスがある。」 「工事業者が床材に傷をつけた。」などと主張され、リフォーム代金を支払ってもらえませんでした。

工事代金の未払いについての交渉

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談者様は、個人で設備会社を営んでおられる方です。 リフォーム会社から工事を下請けし、工事を全て完了させたものの、工事完了から一年以上経っても 工事代金の支払いが為されなかったためご相談に来られました。  

債務関係/借金のご相談・任意で返済

  • 性別:女性
  • 年代:40代代
お父様から相続したご相談者様名義のご自宅で、お母様と二人で暮らしておられました。 ご相談者様の失業をきっかけに生活費のための借入が増え、借入総額が200万円を超えてしまい、生活も苦しく、返済が滞るようになってしまいました。 返済は難しいものの、ご自宅の価値が借入総額よりも高かったため破産手続きは行えませんでした。 また、ご高齢のお母様の為にも、ご自宅の売却は望んでおられず、今後についてご相談に来られました。

遺産分割/兄弟間での遺産分割調停事件

  • 性別:男性
  • 年代:60代代
ご依頼者様のお母様がお亡くなりになられ、兄弟間で遺産相続について、話し合いでの合意ができないとのご相談です。

債務関係/自宅を競売にかけられた後、ご相談に来られ...

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談に来られたの時点で、住宅ローン以外の借り入れもあわせると、3000万円程の借金が残っている状態でした。 ご自宅は、競売にかけられしまった後でした。 借入先のうち、1件の債権者がしつこく返済を迫るようになり、困り果ててご相談に来られました。

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス