建物の明け渡し請求 |筧法律事務所|明石・篠山で40年以上の弁護士実績

建物の明け渡し請求

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:50代代
相談前

ご相談者様はご自身の父親から相続したアパートを所有しておられました。

長年にわたってその一室を賃貸していたのですが、借主が賃料を長期間滞納していたため、契約を解除して退去してもらいたいとのご相談でした。

ご自身でその旨借主へ伝えたところ、まったく応じてもらえなかったため、当事務所にご相談に来られました。

相談後

ご相談者様はとにかく早期に退去してもらいたいとのお考えがありましたので、ご相談後、すぐに受任いたしました。

弁護士から書面で契約解除及び速やかな退去を申し入れたところ

相手は書面の内容に不満があったようで、突然当事務所を訪れ、大声で不満を述べはじめました。

弁護士が直接対応し、話し合いの中で未払賃料の一部を免除する代わりにその日から2週間以内に退去することで合意することができました。

弁護士からのコメント

結果、未払賃料の全額は回収できませんでしたが、依頼者が望んでらっしゃった早期退去については実現することが出来ました。

交渉のみで解決へむかうことばかりではありませんが、本件においては、相手は突然事務所に来て大声で叫ぶなどの行動をとっており、

ご自身でのが対応に苦慮するのは当然であると感じました。

相手と直接交渉をするのは難しいと感じる方も多くいらっしゃいます。

負担が重くなってしまい、疲れ果ててからご相談に来られるよりも、お困りの際は、早期にご相談にお越しください。

法律相談につきましては、無料でご利用できる場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

その他の解決事例

工事代金の未払いについての交渉

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご相談者様は、個人で設備会社を営んでおられる方です。 リフォーム会社から工事を下請けし、工事を全て完了させたものの、工事完了から一年以上経っても 工事代金の支払いが為されなかったためご相談に来られました。  

交通事故/異議申立手続きにより、後遺障害等級が上が...

  • 性別:女性
  • 年代:20代代
交通事故の事案です。 自転車で交差点を通過中に自動車と接触し、膝の靭帯損傷等の傷害を負いました。 事故の手続について、初期の段階から受任いたしました。

工事の請負代金を支払ってくれない

  • 性別:男性
  • 年代:50代代
ご依頼者様は、建設業を営んでおり、相手の方と請負契約を締結後、工事をすべて完了させました。 ところが、相手の方が施工不良を主張して、工事請負代金を全く支払ってくれないとお困りになり、ご相談に来られました。  

リフォーム工事代金を支払ってもらえない

  • 性別:男性
  • 年代:代
ご依頼者様は工務店を営んでおり、マンションの一室のリフォームを請け負い、工事を完了させました。 その後・・・ 「工事にミスがある。」 「工事業者が床材に傷をつけた。」などと主張され、リフォーム代金を支払ってもらえませんでした。

交通事故/小学生の交通事故

  • 性別:男性
  • 年代:10代代
ご相談者様の息子様が自転車で車道を横断中に自動車と接触し、頭を強く打ってしまいました。 事故から1年以上が経過した時点でも、頭痛やめまい等の症状が残っていたため、とても心配され、ご相談に来られました。 保護者の方自身もお子様がどの程度の損害を被っておられるのかの判断が難しく、弁護士の意見を聞きたいとのことでした。  

お気軽にご相談ください

明石オフィス

篠山オフィス